gogoGIANTS

巨人軍の応援ブログ

宇佐見真吾という名のジャイアンツの光

プロ入り初打点・初ホームラン・初サヨナラ打…ジャイアンツの希望の星が、東京ドームでベールを脱ぎました。


宇佐見真吾。


千葉県松戸市出身。市立柏高(←スポーツが強くて有名な公立高校)から城西国際大を経て、2015年ドラフト4位(この年の1位は桜井・2位は重信・3位は與那原・5位は山本)でジャイアンツに入団した「打てるキャッチャー」です。

けして、エリートな球歴ではありませんが、大学時代は国際大会で活躍するなど、将来を期待されての入団でした。

振り返れば、その「将来」は、小林選手のWBC出場=チーム不在でシーズン開幕前にモノにしていましたね。


…そして今晩、見事な挨拶的自己紹介を東京ドーム&テレビ(BS日テレなど)&ネット観戦(一球速報など)のジャイアンツファンに見せてくれました。

サヨナラ・ホームランという一撃の素晴らしさも然ることながら、8回9回10回とマシソン投手→カミネロ投手を巧みにリードし、失点しなかったのが良かった。

この経験値はとてつもなく大きいでしょう。

そもそも、陽選手のあの同点スリーラン・ホームランを生んだのも、宇佐見選手が代打で出て選んだ四球からなので、今日はまさに宇佐見デーでした。


まぁ、それにしても、ジャイアンツはよく勝ったと思います。

6回に田口投手が5失点でマウンドを下りた時点で負けゲームだったはず。

坂本選手のツーラン・ホームランで1点差に追い上げたのに、次のイニング(7回)で再び3点差をつけられた時点で負けゲームだったはず。

白星の要因は、宇佐見・橋本到・山本・中井選手という四人の代打が全員出塁したことでしょう。

橋本到選手と中井選手のツーベース・ヒットはもちろん、筆者(gogoGIANTS)は、得点には結びつかなかったものの、山本選手の四球を讃えたい。四球を選んだときの山本選手の表情…えらく気合いが入っていてカッコ良かった(^_-)


もちろん、劇的ホームランの陽選手と2イニングを投げたカミネロ投手もヒーローインタビューに値する活躍でした。

今晩の宇佐見選手の活躍により、小林選手のハートに火がついたことでしょう。

良い傾向です。


さて、明日は大エースの登場。

ここはひとつタノムヨ!

また、西村投手がいったんファームに下がって、ついに、「あの男」が東京ドームに姿を現すかもしれません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。