gogoGIANTS

巨人軍の応援ブログ

結果論ではなく、畠投手登板を疑問に思う

2017年10月1日日曜日16時58分、ジャイアンツの本拠地・東京ドームにおける2017ペナントレース最終戦がゲームセットとなりました。



白星を飾れずに、タイガースに連敗。

…それから、約40分後。ベイスターズが本拠地・横浜スタジアムでカープに勝利。



これで、ジャイアンツは、2006年以来、11年ぶりのBクラスが確定しました。

まさに、「自力」で4位に居座ったと言えるでしょう(-_-)



大事なところで、ドラゴンズ・カープ・タイガースに連敗(2連戦2負ずつ)、しかも、このタイガース戦は週末の東京ドームでしたからね…まさに、今シーズンの弱さを象徴した土日でした。

いまは、ジャイアンツファンの多くが徒労感・虚脱感に包まれていることでしょう。

筆者(gogoGIANTS)も何とも言えない気分です。

あーあ、終わっちゃったなぁ…えらく弱いチームになったなぁ…来シーズンも期待できないなぁ…と、真っ暗闇の狭所に横たわる閉塞感・窒息感です。



去年よりも10日も早くにシーズンの戦いが終わってしまいましたからねぇ…1日でも長く、1ゲームでも多くジャイアンツの野球を楽しみたいので、もう残念で残念でなりません。

しかし、数日前に書きましたが、今シーズンのジャイアンツの野球については「もう充分」感もありました。

特に、坂本選手と阿部選手、さらに、陽選手の9月のバッティングを観るのは辛かった。「男」にもそういう時期がありました。

だから、今日の最終回…亀井選手と宇佐見選手のタイムリー・ヒットには「最後の最後にありがとう」って気持ちでした。


高橋監督ら首脳陣の采配についてはあーだこーだ言いたくありませんが、今日のゲームで畠投手の投入は間違っていたのでは?と思います。

結果論ではなく、タイガースの打順が一番からだったので、「ここで、畠投手はないだろ~~!」とネガティブな気分で戦況を見守りました。

野球…特にピッチングはメンタルが左右しますからね。

心理的に、上本選手と向き合わせてはいけなかったわけです(T_T)



さて、明後日はいよいよレギュラーシーズンの最終戦。

神宮球場で菅野投手が登板予定ですが…どうなんですかね?

筆者は菅野投手に投げさせず、先発は宮國投手か「柱」内海投手でいいのでは?と思います。

もう菅野投手に無理をさせる必要はなく、むしろ、シーズンで白星から見放されていた宮國・内海・今村投手あたりに頑張ってもらえれば良いのでは?と。


ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。