gogoGIANTS

巨人軍の応援ブログ

ジャイアンツに厳しいシーズンになります

ルーキー大城選手に見事な第1号ホームランが出ました。

しかし、チームは神宮で3連敗。この週末、まったく良いところがなく、悪いところばかりで終わりました。



結果、開幕3カード9ゲームを終えて借金1。

先発投手陣のあまりもの不甲斐なさとゲレーロ選手の打点の少なさ(ホームラン0で打点1)が躓きの要因。

そして、この週末のゲーム結果を観ると、センター1番の陽選手を失ったことが大きいです。

また、ジャイアンツの打線はあまりにも淡泊ですね。初回など、ポンポンと早打ちして簡単に攻撃を終えていく。

粘りに粘って四球をもぎ取るというかたちがほとんどありません。

打者が出塁しても、何かが起こる気配を感じさせないオトナシイ野球です。

さらに言えば、長野選手と亀井選手の元気のなさも目につきますね。

大城選手か宇佐見選手のどちらかが外野手兼捕手という立場になれませんかね?

岡本選手を外野に回し、宇佐見選手をファーストで起用する、あるいはファーストにマギー選手を置き、サードに田中俊選手もアリだと思います。


1三・田中俊

2二・吉川尚

3遊・坂本

4一・マギー

5左・ゲレーロ

6右・岡本

7中・大城 ←急造コンバート

8捕・宇佐見


これ、相手投手にとって、かなり嫌なラインナップだと思いますよ。

いずれにせよ、このままでは、今シーズンもジャイアンツはBクラスでしょう。

開幕したばかりですが、チーム状態のかなりのヤバさを思わせる週末でした。

またまたヘボ球審がゲームを破壊しました

昨日に続き、またまたヘボ球審がゲームを壊しましたね。

筆者(gogoGIANTS)は毎ゲームの審判団を確認したうえでゲームを観ていますが、昨日の球審→今日の球審と、名アンパイアと言われているベテラン連中ですが、旬を過ぎている人たちなのでダメですねぇ。

初回のバレンティンの最後の一球は明らかにストライク。

イライラが募ります。

…もはやゲームの行方はどうでもいい。

ジャイアンツが勝っても負けてもヘボ球審が勤めるゲームはくだらないので、今日はもうゲームを観るのを止めました。

以上です。

また明日。

下手くそな球審がエースを潰してしまった

先ほど、20時10分過ぎ、カープの田中広輔選手とジャイアンツの田中俊太選手が同じ時間にバッターボックスに立ち、二人とも出塁しました。

兄はフォアボール、弟はセンター前ヒット。

↓ジャイアンツ首脳陣へのお願い。

カープ戦では田中俊選手をレギュラーで使いましょう!



さて、神宮のゲームはまもなく最終回ですが、大エースは神宮のマウンドがやっぱり苦手なカンジですね。

しかし、初回のバレンティン選手の最後の一球、あれは誰がどう見てもストライク。よって、三振ゲッツーだったはず。

下手くそな球審で菅野投手がやられちゃいましたね。

ではまた明日。